ABOUT

Less Wood, More Works.

Cut Less Plant More.

a Community Empowerment project with Design

「magno」はインドネシア・ジャワ島の西方にあるバンドン工科大学でプロダクトデザインを学んだデザイナー、Singgih S. Kartono(シンギー・カルトノ)により設立されたブランドです。ブランド名である「magno」という言葉は、Singgih氏がこのブランド設立時に最初にデザインを手がけた、「magniying glass(ルーペ)」から取った造語です。「詳細に注目する、見続けていく」という意味を込めて名付けられました。

インドネシアでは、非常に大切な資材である木々の多くが、残念ながら無計画に伐採され、そこに暮らす人々に充分な利益を残すことなく海外に輸出され、小さな村が衰退してしまっているという現状があります。Singgih氏はこれに対し、「Less Wood, More Works.(より少ない木材で、多くの仕事を)」をコンセプトに、村の木材を無駄なく使用した「小さくて機能的な木工製品」をデザインし、生産・組み立てを村の人々と行うことで、素材の有効利用と雇用機会を創出しています。

また、magnoは、設立以来、製品作りと同時に植林などの森や木を守る活動も行っています。近年は、植林した木々が成木となるまでの間の収入にも繋がるような、森林の中でも育つコーヒー等の栽培に力を入れ、また、ファーマーズマーケットやエコツーリズムなどの活動も開始しました。

 

自然に対する感覚の正しさを保ちながら小さなコミュニティをエンパワーしてゆくことが、ひいては、インドネシア全体、アジア全体、世界全体の正しいバランスのあり方に繋がる事を願っています。

ページ上部へ戻る